新着情報

【遺品整理】意外と知らない遺品整理について

遺品整理ってどういうものなのでしょうか

 

 

遺品整理は、一般的には亡くなられた方の残された遺品を整理し、またお部屋を綺麗に清掃して原状回復をすることを指します。通常のハウスクリーニングと異なるところは、すべての物をゴミとして処分するのではなく、必要に応じて遺すべきものと捨てるべきものを整理する作業が行われるものです。

 

必要に応じて遺すべきものとしては、現金や有価証券、宝飾品など金銭的な価値があるもののほか、写真や手紙といった故人のプライベートなものなどがあります。

これらが不要な場合には遺族の求めに応じて適切に処置してくれるものです。また家が誰も住まなくなるような場合には、家具などの大きな家財道具の処理や、想い入れが強い仏壇や人形などは適切にご供養をしてから処理されます。

 

遺品整理では、基本的には遺しておくべきものを分別するのが大きな特徴といえるものです。もちろん、遺族が行っても良いものですが、故人が持っていたものが多い場合や、または散らかっているといった場合には、行うには大変な労力が必要ですから、専門に行う業者も多く存在しています。ただ、このような作業は単なるハウスクリーニングとは異なり専門的な知識も必要になってくるもので、適切な業者を選ぶことが大切です。

 

 

自分で行う時の効率の良い遺品整理術とは

 

遺品整理

 

遺品整理は残された遺族が行っても問題ありませんし、そもそもは遺族の仕事でもあります。しかし、遺品整理というのは故人の所有物を処分することでもあり、想い入れのある遺族であれば思った以上に作業に時間が掛かってしまうものです。

 

自分で行う時に効率よく行う場合には、事前に遺品を入れておく段ボール箱やガムテープ、また書いておくためのマジックやメモ帳、軍手やマスクを用意しておくことが良いです。段ボール箱も複数用意しておき、それぞれ貴重品や不用品に分けておきます。

 

分別としては貴重品、売却する場合にはリサイクルや買取、寄付したい場合には寄付、ゴミとして処分するものは可燃物と不燃物などがあります。またその場で処分する方法がわからない場合にも、それようの箱に保管しておきます。

 

流れとしては、コツコツとやっていくしかありませんが、予め分別しておく箱を用意しておくだけでも効率よく整理を行うことができます。また遺品整理すべてを業者に依頼しても大切に行ってくれるものですし、故人の想い入れがないぶんだけ作業効率も良くすばやく片付けることができます。

特に自分で行う場合には、想い入れが多ければ作業そのものが捗らないことも多くあります。

 

遺品整理を行う時の注意点とは

遺品整理を行う理由は、故人のものを片付けるという意味で行われますが、その中でも急ぎとなってしまうのが賃貸物件を借りている場合です。

賃貸物件では退去する必要があり、そのため短い時間で行わなければなりません。

しかし、急いで行ってすべてのものを不用品として処分してしまうとトラブルの原因になりがちです。また持ち家でも同様で適切な分別が欠かせませんし、不動産を保有していれば財産分与の手続きも必要になります。

 

ただ、やはり賃貸物件の遺品整理は確かめることも多いもので注意が要ります。

賃貸物件では故人が取り付けたものと物件に付いてきたものがあり、故人が取り付けたものは原則として原状回復として撤去しなければなりません。

もし勝手に処分すればトラブルになりますし、本来撤去しなければ行けないものであれば管理会社が行う原状回復費が余計に掛かることになります。

また故人が所有していた自動車やバイク、自転車なども処分する対象となりますが、自動車やバイクの場合には所有権が法的に認められているものであるため適切に処分しなければなりません。
このため遺品整理は単に貴重品を分別するだけでなく、さまざまな遺品を適切に処分するという意味もあります。

 

 

遺品整理をする最適な時期とは

遺品整理そのものは、いつでもはじめても問題はありません。特に賃貸物件を借りており、家賃を余計に支払うことができない場合には可能な限りはやく行いたいものです。

ただ時期は決まっていないとはいえ、一般的には四十九日法要が終わってから行うことが多いといえます。

いずれにしても時間的な余裕がなければ、季節に関係なく行っても問題がないもです。

 

一方で、時間的な余裕があれば、秋が良いといえます。年末は大掃除をする人が多く、春先は引っ越しシーズンです。遺品整理を行っている業者の多くはハウスクリーニングを兼業で行っているため、依頼をしても予約が取りにくい季節になります。また夏は暑いですから暑さが和らいだ秋がベストな時期です。

 

ただし腐ってしまうような生物については時期に関係なくはやめに処分しなければなりません。それらを処分してから、じっくりと整理を行うのであれば秋が最適です。

ただ業者に依頼するのであれば、いつでも良いといえます。遺品整理をすぐにしてほしいというケースを除けば相談をして、依頼者や業者の都合の良いタイミングで行ってもらうのが良いものです。信頼できる業者であれば立ち会いをしなくても作業を任せることができます。

 

 

遺品整理業者に頼むメリットとは

 

遺品整理大阪コスモス

 

遺品整理を業者に依頼するメリットは、手間がかからないことです。

ご家族だけで行う事ももちろん可能ですが、日々のお仕事やご家庭の事もあり、整理そのものの時間を作る事が難しい事や、一つ一つコツコツと行う事必要で、それぞれ分別して必要なものとそうでないものを適切に仕分けしていく必要があります。

 

また不要なものが多い場合にはルールに則って処分しなければなりませんが、その点でも、専門の業者に任せた方が効率的です。特にリサイクルに熱心な地域であれば、細かく分別しなければなりませんから、それだけでも時間が多く割かれることになります。また重たい家財道具を運び出すのは一人では難しいものです。

 

この点で、業者に依頼すれば遺品整理を行い、また不要なものは適切に処分してくれますし換金が可能なものであれば、それらも行ってくれます。もし換金可能なものが多くあれば、遺品整理に掛かる費用をそこから捻出することができますから、故人の遺品次第では意外とお金が掛からないこともあります。

 

ただ、依頼するさいの注意点としては、人任せにすることがトラブルの原因となることです。このため、信頼できるところを選ぶべきですし、契約内容についても事前に理解しておき契約書を交わしておくことがトラブルを避けるためには欠かせません。

 

 

 

大阪の遺品整理な大阪コスモスがお手伝いいたします。

 

遺品整理大阪コスモススタッフ

 

 

東大阪市・堺市・枚方市など大阪の限定で、いつ必要になるか分からない遺品整理作業を、必要な時に必要な分だけご提供できるよう、準備を整えてお待ちしております。オプションにてご提供できるサービスもご用意しております。

1K 32,000円~の地域限定価格で作業を行っております。

 

遺品整理の料金

 

・1K:32,000円~
・1DK:54,000円~
・1LDK:76,000円~
・2DK:110,000円~
・2LDK:130,000円~
・3DK:158,000円~
・3LDK:170,000円~
・4DK:214,000円~
・4LDK:210,000円~

 

 

遺品整理のサービス内容

 

東大阪市・堺市・枚方市など大阪の地域限定で、いつ必要になるか分からない遺品整理作業を、必要な時に必要な分だけご提供できるよう、準備を整えてお待ちしております。

大阪コスモスのご提供する遺品整理のサービス内容は下記をご覧ください。

 

1:遺品整理作業

2:貴重品の捜索

3:遺品の仕分け

4:基本清掃作業

5:遺品の買取

6:運送作業

7:不用品の回収

8:ハウスクリーニング(※オプション)

 

 

遺品整理の金額を簡単に知る方法

電話かメールにて整理を行う場所の間取りや状態を教えて下さい。

内容をお聞きした上で概算見積をお伝えする事ができます。

※最終的なお見積りは現場調査の後、作らせて頂きます。

 

お見積りが必要な方はこちら

■電話でのお問い合わせ

0120-769-311

8:00~22:00[ 年中無休 ]

 

■メールでのお問い合わせ

下記のフォームから必要事項を記入頂きご連絡下さい。

 

ご用件※必須
お名前※必須

ご住所※必須
メールアドレス
お電話番号
第一ご希望連絡日時

第二ご希望連絡日時

お問い合わせ内容※必須

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 業界最安値
  • 365日対応

36522時までであれば、どんな状態の遺品整理もお任せください!

pagetop